首都圏の賃貸オフィス事情|借りる前に情報を比較する|利用者が増えている会議室

借りる前に情報を比較する|利用者が増えている会議室

男の人

首都圏の賃貸オフィス事情

婦人

エリアによって異なる賃料

東京の貸事務所は様々なエリアに存在しますが、その中でも特に多くの貸事務所が集まっているエリアが丸の内、品川、そして新宿エリアです。これら三つのマーケットには大規模オフィスが数多く立ち並び、主に大企業が本店や支店を構えています。各エリア共に交通アクセスがよく、周辺にレストランやコンビニ等の商業施設が多く集まっているために労働者の利便性が高く、これが東京の中心的な貸事務所市場として栄えている背景となっています。但し、利便性はどのエリアも同程度ですが、貸事務所の賃料水準はエリアによって大きく異なります。例えば、東京駅周辺の丸の内エリアは坪単価が50000円を超えるような物件もありますが、新宿や品川は30000円弱となっています。

賢い借り方

東京で貸事務所を少しでも安く借りたいのであれば、空室率が高いエリアの物件を狙うのが有効です。賃貸オフィスの賃料は需給によって決まり、入居したいと思うテナントが多くマーケットの平均空室率が低いエリアの賃料は高く、入居したいと思うテナントが少なくマーケットの平均空室率が高いエリアの賃料は低い傾向があります。これはテナントからの人気が低く空室率が高いようなマーケットでは、物件保有者が賃料を下げてでもテナントを誘致したいと考えるからです。マーケットの空室率はその時々によって異なり、どのエリアの空室率が必ず高いとか低いという事はありません。従って、少しでも安く入りたいのであれば、空室率が高いエリアにある賃貸オフィス物件を狙うのが良いのです。

Copyright©2015 借りる前に情報を比較する|利用者が増えている会議室 All Rights Reserved.