低コストでクリニック開業|借りる前に情報を比較する|利用者が増えている会議室

借りる前に情報を比較する|利用者が増えている会議室

男の人

低コストでクリニック開業

歯科

経営の早期安定化

歯科医院が移転したり閉院したりしたとき、内装や医療機器が残されたままで売りに出されることがあります。これが居抜き物件で、多くの場合はそのまま歯科医院の経営を続けることができます。ゼロから歯科医院を建築し、設備を整えるよりも、大幅に開業コストを削減できるのが特徴です。居抜き物件では前の歯科医院から患者やカルテを受け継げる場合もあります。一般に開業当初は患者を集めるのに苦労しますが、居抜き物件なら宣伝費をかける必要もなく、最初から固定した患者がいるため、経営が安定しやすいというメリットがあります。またスタッフを再雇用することで、求人費用を削減するとともに、地域との繋がりを保つことも可能になります。

改善点を見つけやすい

集患が容易で、過去の実績から未来の経営見通しを立てやすいことも、居抜き物件のメリットです。ただし前の歯科医院に悪い評判があると、そのイメージまで受け継ぐ恐れがあるので注意が必要です。居抜き物件を購入するときは、閉院の理由を確かめることがポイントです。たとえば設備が古いとか、スタッフの態度が悪いとかいう評判があれば、その部分だけ入れ替えることで、逆にイメージアップさせることができます。過去の欠点を見つけて改善しやすいことも、居抜き物件の長所と言えるでしょう。なお居抜き物件は初期投資は少なくて済みますが、医療機器の耐用年数が短くなっているケースもあるため、将来にわたって資金計画を慎重に立てることが大切です。

Copyright©2015 借りる前に情報を比較する|利用者が増えている会議室 All Rights Reserved.